甘酒 濃縮 タイプシンドローム

TOP > 【20%OFF】【スーパーセール対象】【甘酒】【ダイエット 健康】甘酒の素 500g(甘酒の素 甘酒 あま酒 あまざけ 米麹 麹 こうじ ノンアルコール 砂糖不使用 無添加 濃縮 国産 北陸 富山県産)【おすすめ】

【20%OFF】【スーパーセール対象】【甘酒】【ダイエット 健康】甘酒の素 500g(甘酒の素 甘酒 あま酒 あまざけ 米麹 麹 こうじ ノンアルコール 砂糖不使用 無添加 濃縮 国産 北陸 富山県産)【おすすめ】

商品内容 ●内容量:500g ●原材料:米こうじ、新大正もち米、食塩 ●アレルゲン:- ●保存方法:冷蔵 ●賞味期限:90日 ●製造者:(有)石黒種麹店 ●製造者住所:〒939-1652 富山県南砺市福光新町54番地 ●製造者TEL:0763-52-0128    割ってよし凍らせてよし、かんたん甘酒の素 優しい甘さは飲むだけではないのです。

料理や菓子づくりの甘味料にも最適です。

商品名のとおりに2倍に薄めて、昔ながらの美味しい甘酒の出来上がり。

ぜひお試しください。

これを約2倍で薄めれば甘酒の完成です。

慣れてきたらこちらの方がお得ですね。

甘酒の他にもお料理やお菓子作りの砂糖代わりに使えたりもします。

夏になればシャーベットやスムージーにしても美味しいですね。

【当店について】 北陸のいいものを集めたセレクトショップ『the Made In(ザメイドイン)』は、富山、石川、福井で生まれた「良いもの」を様々なかたちで体験できるセレクトショップです。

ランキング上位商品、人気商品、訳ありアウトレット商品、値引き、割引、セール、お得、お買い得、最安商品はお問い合わせが多く、数に限りがありますので、お早目にお買い求めください。

在庫のある商品は即日発送も対応可能な場合もございますので、お問い合わせください。

6,000円(税抜)以上のご購入で送料無料となります。

【当店の商品の特徴】 北陸の日常にある魅力を伝えていきます。

食から伝統工芸に至るまで幅広いラインナップで、北陸に旅行した気分をご自宅で体験していただけます。

また、国産・日本製のものにこだわり、北陸の歴史を感じとれる商品から、今流行りのかわいい、おしゃれな商品もございますので、様々な年代の方に楽しんでいただけます。

【季節の贈り物に】 父の日・母の日・敬老の日・御中元・敬老の日・クリスマス・冬ギフト・お歳暮・御歳暮・お年賀・お正月・年末年始・バレンタイン・ホワイトデー 【日々の心づかい、ちょっとした手みやげに】 御祝・御礼・御挨拶・粗品・お使い物・贈答品・ギフト・プレゼント・お土産・手土産・贈りもの・進物・お返し 【お祝いや内祝いなど祝儀の品に】 引き出物・お祝い・内祝い・結婚祝い・結婚内祝い・出産祝い・出産内祝い・引き菓子・快気祝い・快気内祝い・プチギフト・結婚引出物・七五三・進学内祝・入学内祝 ※仏事用商品はお使いいただけません。

【昔ながらのノンアルコール、砂糖不使用の濃縮タイプの甘酒の素】 あま酒・あまざけ・甘酒・麹・こうじ・希釈・きしゃく・石黒種麹店・いしぐろたねこうじ 日本では今空前の甘酒ブームと言っても過言ではありません。

そして北陸には日本の誇りである『石黒種麹店』があります。

日本にはもう10もない種麹をつくる老舗でここがつくる麹は超一級品。

そして他にもヤマト醤油味噌の玄米甘酒や福光屋の麹甘酒など北陸には美味しく健康な甘酒が多数あります。

お隣の件の新潟の八海山の甘酒も非常に有名ですね。

そして近年人気なのが『ぶんご銘醸、マルコメ、国いりいろ菊、森永』などがありますね。

いりいろお試しになってお気に入りを見つけてください。

伝統を守り、歴史を刻む北陸唯一の種麹屋 味噌、甘酒など、日本の豊かな食文化を支える発酵食の要ともいうべき「麹」を、熟練した職人たちが昔ながらの手作業による「こうじ蓋製法」で、手間ひまかけて作りつづけています。

厳しい冬を乗り越えるため、先人たちが工夫して保存食を考案し、家庭の味として受け継いできています。

富山県の伝統郷土料理のかぶらずしなど、気候風土がもたらしたこの地独特の食文化が今も守られています。

麹には富山県産の「コシヒカリ」一等米を使用し、味噌づくりに必要な大豆は厳選した北海道産秋田大豆・富山県産大豆を石臼で皮をむいています。

皮をむくことで美味しい味噌ができ上がります。

塩は天日塩・国内産塩を使い分け、甘酒には“もち米の王様”と言われる「新大正もち米」を使用しています。

保存目的で使用する酒精(アルコール)は使わず、熱処理をしていないため、麹が生きています。

麹菌は良いカビの一種で製麹には温度、水分、酸素が必要です。

麹菌の発酵熱を利用した温度32℃、湿度100%に近い麹室の中で種麹を混ぜた米を2〜3cmの厚みにして麹蓋に入れ、一枚一枚木棚に並べ発酵させます。

微妙な温度、湿度の変化を肌で感じ取り調整しながら、すべての工程を4日間かけて手作業で行います。

麹職人の熟練の技が光ります。

米の一粒一粒に麹菌が入っているため、自然の甘みがあり雪のように真っ白です。

富山の家庭では、味噌や米麹をつかった漬物を自宅でつくる人もまだ多くいらっしゃいます。

麹なくして、日本の多くの伝統料理、郷土料理、発酵食品は存在し得ません。

種麹は、まさに日本の食文化の宝です。

“塩こうじ”や“醤油こうじ”などを手づくりなさる方や、腸内環境を整えて美容や健康のために、お味噌や甘酒を食べる若者が増えてきているそうです。

日本の食文化の要である麹をこれからも守り育ててほしいと思います。

古くは江戸・文政年間より家業として麹をつくり、「種麹屋」としての創業は明治28年。

100年を超えた今も続く、北陸で唯一、全国でも僅か十軒余りしかない種麹屋です。

石黒種麹店の使命は先達の築いた麹文化を正しく伝えること。

先祖代々伝わる一子相伝の秘伝の技で、日本の「宝」である「種麹」を北陸の地で大切に守り育てています。

楽天で購入900円(税込み)